*里親になりませんか? 気になる子をクリックしてね*






linde_bnr1.jpg
マルゴバナー.png





2011年04月30日

残された動物たち。調査チームはペット保護も? +浜岡原発

福島県の調査チームが、飼い主から依頼があれば、ペット救助をしてくれるという情報もあり、
また、ペット救助は受け付けていないという情報もあり…

●ティアハイムジャパンのブログ:福島県による20km圏内救出活動スケジュール

●新装開店 お庭にようこそ:南相馬市鹿島区 4/29 16時

どちらも福島県の食品衛生課の担当の方と実際に話されているにもかかわらず、
真逆の答え。ちょっとわかりません…
何か温度差があるのか、単純な言葉の行き違いによるものなのか、担当者間の共有ができていないのか。
でももし飼い主の方がこのblogを見ていたら、ぜひ直接問い合わせてみてくださいね。
※飼い主以外の方は、お問い合わせはご遠慮ください。


そして結局、住民の一時避難は、

●NHKニュース:一時帰宅 来月9日にも実施で調整

3日じゃなくて9日ですか。。。


↓現在稼働している浜岡原発の地震・津波対策について、ちょっと気になったので。
(わたしの地元横浜ですと、静岡の原発の方が近く、そして横浜市の水源は山梨県…)

●REAL-JAPN:浜岡原発に関し、中部電力に直接質問した内容をまとめ報告します。

●NHK「かぶん」ブログ:多くの原発 電源車が出力不足


●●●


みんな道ばたの花たち。
近所の児童公園とか、水道局前の花壇とかの花壇で咲いているお花たち。
こういう適当な花壇が好き。

0429_03.jpg

0428_01.jpg

0429_04.jpg

0429_05.jpg

0429_06.jpg


お花にはいつも猫と同じくらい癒されます^^


↓ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北関東大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

残された動物たち、警戒区域指定から1週間。

●長島一由衆議院議員公式blog:被災地のペット続報及び放射能データ。
↑フジテレビ報道記者を経て、前逗子市長、現衆議院議員の方です。

これによると、4/28〜5/2までの福島県の救援チームは、
やはり現状把握・調査がメイン活動のようです。
(チームも5人x2セットだそうです。少ないネ)

4/28〜5/2は民間人の立ち入りは認められませんが、
5/3以降、住民の一時帰宅が認められた時点で、
住民・ボランティアは該当市町村に届け出を出すことで、
立ち入りが可能になるかもしれない、とのこと。
ちなみに、立ち入りが可能になる日時は不明だそうです(^_^;)

これはグッドニュースとは言えませんが、
このような動きもあるということで、掲載しておきますね。


あと、原発震災廃棄物の広域処理が問題となっていますが、
この飛び火をうけて、被災地…とくにこれから避難がはじまる、20-30km圏内で、
「動物は殺処分を徹底する」ということになりはしないかと、とても心配しています。
杞憂に終われば良いのですが。


●●●


さて、今日から連休です。
残念ながら乳母の人は土日も、連休もなく、常に通常営業;;

でもお天気の良い、5月初めって一年でいちばん気持ちがいい季節ですから、
それだけでウキウキしますね。
特に今年はカメラを持っていきたいところがたくさん^^

0429_01.jpg
0429_02.jpg


↓人間は猫ほど気持ち良く寝れないのよ!!(号泣)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北関東大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

残された動物たち、その後。

ほぼ3日ぶりの更新ですみません(・。・;)
ちょっと時間が取ずにおりました。
またこれからがんばって更新をしていきますね!

20圏内の動物の救助は、非常に残念なことに予想通りのがっかり砲でしたが、
(あ、これが更新ストップの理由ではないですよ、ご心配なく)
せめてもちゃんとこの経緯を冷静に見守りたいと思います。

個人的には、でてくる情報は少なく、
常に希望のバイアスが強くかかっており、不確定な印象。
そして期待が叶わなかった時の失望が大きく、
混乱した状況になっています。
(ネットだからしょうがない部分もありますけどね)
以下、リンクをご紹介しますが、このことを頭にいれてお読みくださいね。


というわけで、その後です。
一時帰宅の際のペット連れだしはなんとか許可されそうな気配です。
しかし、ペット救済は環境省が独自案も検討していたはずなのに、
その後、一転して獣医師・ボランティア団体の立ち入りを反対・規制する方向に。
立ち入った人たちの安全を保証できないからという理由のようですが、
二次被ばくが心配なら、スクリーニングと除線をしっかりやればいいのでは…
(内閣府が獣医師の立ち入りに反対しているという情報もありましたが、
 ソースは伝聞でしたので、ここでは載せません)

国への失望の中、実際に動かれている方は、福島県への要望を強めたようです。


4/27
●毎日jp.:福島第1原発:警戒区域内のペット保護へ 必要あれば除染
↑これは福島県の決定です。
しかも、民間の動物保護団体の協力を募って…ではなく、県の職員さんが
捕獲に行かれることになったのだそうです。

4/28
●社>UKC JAPAN アニマルレスキュー:皆様!やりました!声が届きました!!(嘆願 動画追加)

しかし、5日間のうち、初日の成果は犬5頭・猫1匹だそうです。

●毎日jp.:福島第1原発:飼い主待つペット犬…20キロ圏で救出作業

●社>UKC JAPAN アニマルレスキュー:「怒りの声」を緊急に発信してください!!
※大変申し訳ありませんが、経緯の確認という意味でのご紹介になります。
 こちらに掲載されている電話番号に、本当に怒りの電話をすることはおやめください。


というか、別ソースですと、

●時事ドットコム:20キロ圏内のペット保護へ=28日から調査−福島県

調査になっています…。


また、民間団体は立ち入ることが出来なくても、
非難された住民の方の要望があれば地方行政が動く、という話が流れ…。

新装開店 お庭にようこそ

しかしこれもまたデマというか、希望が生んだ悲しい憶測でした。
↑のblogで否定されています。
連休中、環境省が警戒区域内に給餌を続けるという記事も見かけました。
そしてそれと同時に、こんなツイートも流れてきました。

4/28 AFP通信日本支社代表・山路さんのツイートより
今日から5月2日までの日程で始まった、福島県による20キロ圏内犬猫救出、その対象は徘徊しているものだけ。屋内や庭に繋がれている犬などは飼い主の許可が無いので、たとえ目の前にいても捕獲は出来ない。エサもあげられないそうです。やはり期待ハズレ。

屋内にいる犬猫を見つけ出すのは飼い主さんの申告でもなければ難しいのは分かりますし、許可も必要だと思います。しかし、庭に繋がれている犬に餌もやれないというのは納得出来ません。

先程の話は私たちの犬猫救出チームが本日、南相馬の保健所に直接聞いた話です。


残念ですが、これが福島県の精一杯なのだと思います。

もしかしたら被災地である福島県をさらに苦しめてしまったのかもしれません;
でもあきらめることもできないですし…;;


●民主党:岡本英子議員オフィシャルブログ:官邸への申入れ
↑民主党の動物愛護議連の事務局長をされている方です。

『正直なところ、急に事態が好転する期待は薄いのかもしれませんが、救いの扉は叩き続けなければなりません。』
(岡本議員のblogから抜き書き・転載させていただきました)

非常に残念ですが、この言葉以上のものは見つかりませんでした…
地元横浜の議員さんとのことですが、わたしは全然知りませんでした^^;
でも冷静でしっかりした方ですね。



日本人て、現場に出て実務を行う分には優秀ですが、
大きな組織を運営する能力は高くない。むしろ低い。
そして、組織になったとき、日本人の冷たくて鈍重でネガティブな部分が特に前面にでてくる。

そんな風に思いました。

この欠点に向き合い、ちゃんと直していかないといけないと思いました。
デヴィ夫人のお怒りはごもっともと思うところも多々ですが、

●天罰下れよ!菅内閣に  明日は殺処分される動物たち!
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10872596203.html

もっと日本人の平均値を底上げする方向にしていかないと、
また消去法で変な人を首相にしなくちゃいけない羽目に陥りそうです;;;;


●●●


しんどい話ばかりでなんなので、ここからは我が家の猫団子写真を。
あえて連続写真のみ。
福ちゃんの策士っぷりをお楽しみください^^

0428_02.jpg
0428_03.jpg
0428_04.jpg
0428_05.jpg
0428_06.jpg


↓猫団子、大成功^^v

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北関東大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

デジイチくんの復活。

20km圏内の動物たちの件はおもてだった動きはありません。

福島県南相馬市にお住まいの、「新装開店 お庭にようこそ」さんの方で、
直接福島県側と交渉され、いい方向に動きそう…とご報告くださいました。

県や市の職員も被災者、寝食を惜しんで震災のケアに当たられているので、
けんか腰に電話したり、むやみに非難しないでほしいとのこと。

●新装開店 お庭にようこそ
http://onyawan.blog93.fc2.com/

今は見守るしかないのかな…


●●●


滅入ったときは猫さんの写真を撮ります!
そういえば、2月に買ったばかりのデジイチのバッテリーがあがってしまいました。
充電器にセットしたまま1日以上放置してしまった…

こんな理由で猫さん写真が撮れないなんて><

リチウムイオンバッテリーは、お安いものでもないので、
試しに純正品ではない、ノーブランドの互換品をamazonで購入してみました。
充電器・本体ともに今のところ問題なしです。
しばらく使ってみて、何もなければ、もう一つ買っておこうかしら。
純正品の1/3くらいのお値段でしたお。

といわけで、おニューのバッテリーで撮ってみた猫さんたちです。

↓猫ってほんと狭いところが好きなんですね^^
うまくはまっているプー少佐。楽しそう。

0425_01.jpg


↓我が家の女王さま…

0425_02.jpg


↓ちょっとポーズが違いますが「裸のマハ」みたいな。

0425_03.jpg


↓福ちゃんも元気ですよ^^

0425_04.jpg

↑お寝む。

↓あきらめず、祈ってます。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 18:48| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

残された動物たちのために2

しばらく、原発避難地域の動物たちの救済関連のリンク・動きをトップにもってきますね!
「東北のために」「京都通路猫さん」のエントリは、ちょっと下げます。
明日には見つかりやすい形で戻します。ごめんなさい。



●被災地動物情報のブログ:原発避難区域での動物救済の認可を求める署名
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10869498486.html
↑記入は英語ですが、入力はとっても簡単でした。
 コメント欄は日本語でもOK。また名前を表示させないこともできます。
 まだまだ少ないので、よろしくお願いします。

↓被災地の動物の救済について、情報のあつまっているところ
●タマらんブログ:http://doubutsuforum.blog.fc2.com/
●民主党:岡本英子議員:http://ameblo.jp/okamoto-eiko/
●新装開店 お庭へようこそ:http://onyawan.blog93.fc2.com/

twitterですと、
@dearpaws
@inunekohp
#311pet
#311animal


枝野官房長官の会見によると、20km圏内が立ち入り禁止となった理由は、
「勝手に警戒区域に入る人がいるから」。

文部科学省でモニタリングしている放射線量を確認すると、

福島での測定結果:http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303747.htm

確かに距離にかかわらず、とても高い地点があります。
風・地形のためでしょうか。。
現地に保護活動に行かれる方、わたしなどが言うまでもないと思いますが、
今後の警戒区域への立ち入り制限緩和のためにも、
またご自身・犬猫の健康管理のためにも、スクリーニングを受けるようお願いします。
特に原発から北西方面に入った場合は、20-30km圏内であっても、
十分にお気を付けください。


↓微力ですが…少しでも多くの人の目に触れますように。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北関東大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。