*里親になりませんか? 気になる子をクリックしてね*






linde_bnr1.jpg
マルゴバナー.png





2011年05月11日

*東北のためにできること*

福島第一原発の被災動物についての情報を追いかけていたら、
こっちがおろそかになってしまいました(・。・;)
topからは下げましたが、こちらも更新がんばりたいと思います。

※上書き方式をやめ、普通のblog記事風にして追加していきますね。
 カテゴリに「東北のために」を作りました。
 ←のバナーからもまとめページに飛べるようになっています。
 

↓実際に現地でボランティアをされた方の記録。
東北大震災ボランティア日誌 
↑九州からボランティアに駆けつけた男性の体験記。
 すごく手慣れた方なんですけど、民間のNPOか何かに参加されている方なのでしょうか。

●絵文禄ことのは:東日本大震災は「電気文明」と「高層緑化型都市計画」が見直される時代の始まり
↑建物の高層化はたしかに電化とセットですね。

●REAL-JAPN:郷原信郎さんと語る、大震災とコンプライアンス Vol.1-4

勝間和代さんと元検察の郷原信郎弁護士との対談企画。
郷原弁護士は「コンプライアンスとは、単なる法令遵守ではなく、
社会的要請に適応することである」ということを提唱している方だそうです。
日本の組織作りの下手さというか、だめさ加減が気になったのでご紹介。

要約すると、

日本の大きな組織(国や省庁など、ですねー)は、間違いを犯さないことを大事にするあまり、
社会からの要請を受け取るための「感度」が鈍っており、
特に緊急時の対応が充分でなくなっている。
もっと個人のパフォーマンスを生かせるような組織のあり方を、
これまでの常識や前例主義を捨てて、根本から考え直すべき。


ということだと思います。
(長いわ、偉い人たちの言うことはわからんわで、かなり乱暴な要約ですあせあせ(飛び散る汗)

20km圏内の被災動物救助についてやきもきしていた身としては、
非常によくわかるお話で、興味深く読みました。

●日刊スポーツ:「責任を押しつける気か」同意書に怒り
↑警戒区域への一時帰宅の際、国は住民に「自己責任で入る」という同意書への署名を求めたそうです。

これは本当かどうか怪しいな、とは思うんですが(ソースが日刊スポーツだし)
まあでも、なんかこう、日本の組織って「(下々の)期待に応えたら負け」みたいなところありますよね。
ねつ造にしても、そのへんの感じをうまく表現してるなーと思います。


ところで「原発の安全神話が崩れた」みたいなことが、
「東電に信じさせられていた」みたいな文脈のなかで語られるのをよく聞きますが、
郷原弁護士はこれを本当に信じていたのだそうです。そして退職金で東電の株を1000株も買ったそうです。
こういう人が政府の偉い委員会でいろいろもの申してること自体がゴニョゴニョ・・・
正直な人なんですね・・・(ギャグかと思いましt

原発が安全なんて信じてなかった人はたくさんいたんじゃないかな。
ただ議論をしている人たちがアレな人たちだから、黙ってただけだじゃ…と私などは思ってしまうのですが。
黙ってた方が悪いのか、黙らせるような態度を取る方が悪いのか、は置いて、
そういうボタンの掛け違いが、今後は少なくなるようにしていかないと
いけないのではないか、と思いました。



●茂木健一郎 クオリア日記:震災以降
↑上記の組織論を読んだ後におすすめかも。

●宋文洲のメルマガの読者広場:身外之物
↑宋文洲さんのお話はいつもおもしろいので。
posted by elilim at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

*東北のためにできること* 4/13改訂

dekirukoto_bnnr05.jpg

今回の地震で、被災しなかった地域に住む人間が、
大変な被害をうけた東北地方のために、何ができるかを基準にリンクを集めています。

5/11

記事の掲載の仕方を変更します。
通常のblog記事としてリンクを追加していき、
どこかでinexをつくるなり、まとめなりしていきます。
「東北のために」というカテゴリを作りました。
今後はそちらからまとめて見られるようにしていきますね。
また←のバナーをクリックしても見られます。


4/23
記事の場所を移動しました。
福島原発20km県内に取り残された動物たちが、今いちばん心配なので;;


4/13
ちょっとだけリンクを追加(↓に)。折り込み本文の方に変更はありません。

↓個人的にすごく興味深く読んだ記事。
震災後のデマ80件を分類整理して見えてきたパニック時の社会心理

あれもこれもデマだったのかー!
結構信じちゃってたよ^^;
という感じで自分の中の情報の整理にすごく役に立ちました。


↓震災後、石巻にボランティアにいかれた女優水野美紀さんの体験記。
●水野美紀Official BLOG いいことばかりじゃないけれど…


がれきについては…
「がれき」は元は家の柱だったり、家具だったりするわけで、
「ゴミ扱いしないでほしい」という被災地の声があるという記事を別の場所で読みました。
(どこだったかな;)
撤去作業をする自衛隊員が、思い出の品であろうものを丁寧に除けていたり。
本当に一瞬でなにもかも変わってしまったのだな…


被災地に残って動物保護をされている方のblog
新装開店 お庭にようこそ
田舎


※本文は折り込みます※click me!
posted by elilim at 00:00| Comment(27) | TrackBack(0) | 東北のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。