*里親になりませんか? 気になる子をクリックしてね*






linde_bnr1.jpg
マルゴバナー.png





2015年04月21日

君は天使だ。

veterinary-nurse-cat-hugs-shelter-animals-radamenes-bydgoszcz-poland-2.jpg

東欧ポーランド、ブィドゴシュチュ市の動物シェルターで
飼われているラダミネスくんです。

2ヶ月の時にレスキューされた彼は、上気道の炎症がひどく、生死の淵をさまようほどでしたが、
病院スタッフの努力の甲斐あって奇跡的に回復。

回復後のラダくんは、不思議な事にシェルターに収容された動物に
寄り添い、抱きしめ、ハグするようになり、
傷ついた動物たちの励ましとなるかもしれないと考えた獣医師さんが
ラダくんを飼うことにしたんだそうです。

以下ラダくんのお仕事拝見。

veterinary-nurse-cat-hugs-shelter-animals-radamenes-bydgoszcz-poland-10.jpg

手術後の猫に寄り添って、

veterinary-nurse-cat-hugs-shelter-animals-radamenes-bydgoszcz-poland-3.jpg

暖めてあげるラダくん。

veterinary-nurse-cat-hugs-shelter-animals-radamenes-bydgoszcz-poland-9.jpg

弱ってるときは、誰かが一緒にいてくれるだけでちょっと安心するよね。。

veterinary-nurse-cat-hugs-shelter-animals-radamenes-bydgoszcz-poland-8.jpg

分け隔てなく、異種族もOK。

veterinary-nurse-cat-hugs-shelter-animals-radamenes-bydgoszcz-poland-4.jpg

もちろん、こんなに大きなワンコでも(マラミュートか…)

veterinary-nurse-cat-hugs-shelter-animals-radamenes-bydgoszcz-poland-1.jpg

一緒にいてくれてありがとねー(涙)


あんまりラダミネスくんが優しくて、涙出てきちゃいましたよ。。

きっと自分が助けられたように、他の子たちも助けたいって思ったんでしょう。
猫って気高くて優しいから。


今日も動物たちを癒やしている、
ラダくんのお仕事を東洋の果てから応援しています。



転載元:boredpanda/ポーランドのナース猫

posted by elilim at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

キャットライクなハスキー。タリーさん。

image.jpg

リンデは胴も首もみんな短くてかーいい
立体的でかーいい。




昨日テレビで、自分を猫と勘違いしているらしい犬の動画が紹介されてました。

生まれた時から6年間、2匹の猫と暮らしているうち、
仕草や行動が猫になってしまったというワンコ。
表情も猫になっちゃってて、
それはそれはかわいらしくて、たまらんかった

残念ながらその動画はまだネットにアップされてなかったのですが、
別のキャットライクなワンコを見つけたのでご紹介♫

犬の可愛さと猫のゆる可愛さを併せ持つハスキーMIXの女の子、タリーさんです決定

タリーさんは猫と一緒に育った2年間のうちに、
犬なのに、すっかり猫色に染まってしまったようです。

image.jpg

猫的に緩い可愛さで飼い主を見つめるタリーさん。。

image.jpg

これは、香箱座り!?

image.jpg

窓際で香箱を組んで、道行く人や外の景色を楽しみ、

image.jpg

箱があったら入らずにはいられない!

image.jpg

ハコ大好き。

image.jpg

テーブル下から見上げるそのまなざしは…。

image.jpg

モフ待ち。

image.jpg

モフ待ち。。。

image.jpg

飼い主を見つめる愛情に溢れた表情。。コレ猫ですやん。


乳母が思わず萌え死んでしまった気持ち、
お分りいただけましたでしょうか。

犬だって氏より育ち。
すっかり猫化したタリーさん、犬の幸せも猫の幸せも味わって
普通のワンコの2倍、幸せそうに見えますね。

ほのぼのしてしまった乳母なのでした。

参考サイト: Imgur

ラベル:タリーさん
posted by elilim at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

秋の写真を撮ってみました。

【御礼】
おかげさまで、今日までに楽天:13049pt・アマゾン:7837pt、いただいてます。
いつもご協力ありがとうございます^^

↑のアフィリエイトリンクから飛んでお買い物した場合、

楽天は、何をいくら買ったのかは、わたしからは見えません。
売り上げと合計金額・報酬のみが表示されます。
もちろん、買った人の情報を知らされることはありません。

アマゾンは、買った人の情報はわかりませんが、商品名と個数が表示されます。
何を買ったのか知られるのがイヤ、気になるという方もいると思いますので、
このような仕様であることを明示しておきます^^


●●●


秋が来たとおもったら、もう去っていきそう。
早いなあ。

1029_01.jpg

1029_02.jpg

1029_03.jpg

いろいろ作るものなどありまして、本日は簡単更新です。



↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ラベル:写真
posted by elilim at 18:30 | TrackBack(0) | その他写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

80年代のサル学。

【御礼】
おかげさまで、今日までに楽天:7085pt・アマゾン:2860pt、いただいてます。
いつもご協力ありがとうございます^^

↑のアフィリエイトリンクから飛んでお買い物した場合、

楽天は、何をいくら買ったのかは、わたしからは見えません。
売り上げと合計金額・報酬のみが表示されます。
もちろん、買った人の情報を知らされることはありません。

アマゾンは、買った人の情報はわかりませんが、商品名と個数が表示されます。
何を買ったのか知られるのがイヤ、気になるという方もいると思いますので、
このような仕様であることを明示しておきます^^

【お知らせ】
「残された動物たち」このあと深夜過ぎに久しぶりに更新しようかな。


●●●


ずいぶん前に買って読んでいた本なのですが、
久々に手にとって読んでみました。

0723_01.jpg

猫好きとしても有名な立花隆さんの1980年代後半のお仕事。

ニホンザル研究に始まった、日本の霊長類学の、
80年代までの成果をざざっとまとめた本です。

インタビュー本なので、メーンのサルのお話とともに、
サル学創世記の学者のみなさんの、裏話・苦労話が語られているのですが、
これが切なくもおかしい。

今では普通になっている野生動物の個体識別は、日本のサル学から始まったそうで、
昔は欧米の(つまり学問では主流の)学者からは、
個体識別という方法が受け入れられないどころか、
「そんなことが出来るはずがない!」と、個体識別していることを信じてもらえなかったそうで、
サル学者のみなさんは、「これって日本人だけの特別な能力なの?(´・ω・`)」と
思い悩んだりもしたとか(ここで吹いた)。

動物実験の話もありますので、ダメな人にはダメかもしれませんが、
さまざまな霊長類を研究することで、人間の研究をするというアプローチは、
乳母にとっては大変おもしろいものでした★

・・・・
・・・・・・・・しかし。

久々に読んで、実は一番驚いたのは、著者でインタビュアーの立花隆氏の
動物っぽさっていうか、けだものっぽさ??でした(・_・;)

今から20年以上前の本なので、時代的なものもあると思いますが、
ステレオタイプで断定口調だわ、上から目線だわ、
俗っぽい話題への食い付きはすごいわ、質問内容がセクハラだわ・・・
あれ、知の巨人・立花隆氏って
こんな人だったっけ・・・と読み終わって呆然としましたことよ。

あ、どんな相手も恐れず、
赤裸々にずばっと切り込む姿勢はとってもおもしろいんですけどねw

でも、昔がこんなじゃあ、そりゃ今の男性は草食系って言われるよなって
こっそり思いました(゜▽゜;)

↑分厚い文庫本2冊も読んだ感想がコレなのもどうかと思う。


●●●


乳母が読書している間も離れない少佐です。ベタベタちゃん。

0723_02.jpg

読み終わって横を見ると、ちっこい茶トラに化けてました。

0723_03.jpg

かわいいね^^



↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | その他写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

のんびり歩いてみた横浜。

【御礼】
おかげさまで、今日までに楽天:2884pt・アマゾン:1850pt、いただいてます。
いつもご協力ありがとうございます^^

↑のアフィリエイトリンクから飛んでお買い物した場合、

楽天は、何をいくら買ったのかは、わたしからは見えません。
売り上げと合計金額・報酬のみが表示されます。
もちろん、買った人の情報を知らされることはありません。

アマゾンは、買った人の情報はわかりませんが、商品名と個数が表示されます。
何を買ったのか知られるのがイヤ、気になるという方もいると思いますので、
このような仕様であることを明示しておきます^^


【お知らせ】
「残された動物たち」は、このあと深夜過ぎの更新となります。


●●●


先日、仕事で関内にいく用事がありましたので、
帰りにプラプラと歴史地区から港をぐるっと散歩してきました^^
わたしが一番好きなのは、県立博物館のあたりのレトロな街並みがなのですが、
今回は一昨年にオープンした象の鼻パークを見ながら、
桜木町に向かって歩いてみることに。

まずは、大好きな近代建築を撮影しに、日本大通りへ。
ここには横浜3大レトロ建築があつまっています。

キング(神奈川県庁)↓

0622_01.jpg

クィーン(横浜税関)↓

0622_02.jpg

ジャック(横浜開港記念会館)↓

0622_03.jpg

あだ名の通り、キングはえらそーだし、クィーンはすっと繊細で美しく、
ジャックは派手派でしいですね^^

で、ここを抜けて港の方にいくと、大桟橋と象の鼻パーク。

0622_04.jpg

なんで「象の鼻」なのかというと、コレコレ↓

0622_05.jpg

コレが開港当時の桟橋だったんだそうです。
つまりこの小さな一画が開港当時の横浜港。
うーん、昔は船も港もちっちゃっかったんですねえ。。。。
まあ人間もちっちゃかったしね。


感慨にふけっていると、大桟橋ではちょうどクルーズ船の横付けをしていました。

0622_06.jpg

横浜港では、大型船が方向転換ができるだけの広さがないので、
曳航戦が押したり引いたりして方向転換させます。

あとで調べたら「ぱしふぃっくびーなす」という日本船籍の小型豪華客船でした。
いいですねえ、クルーズ船の旅^^

横付けが終わると、汽笛が鳴って終了。いやーお疲れ様でした。

港町というのは、海側が正面となるように設計されるそうです(byブラタモリ)
振り返って3塔を見てみると…

0622_07.jpg

0622_08.jpg

港から見た方がキレイですね^^


象の鼻パークをてけてけ抜けていくと、赤レンガ倉庫が。

0622_09.jpg

クァアイナでアボガドバーガーを食べるほどにはお腹がすいてはいなかったので、
本日はスルーして、

0622_11.jpg

そのまま桜木町方面へ抜けました。

0622_12.jpg

相変わらず、道ばたのちまちました植物が気になる乳母です。
だってかわいいですしおすし。


↓これは海上保安庁の基地。
白爪草を前景にとったらなんかほのぼのしてしまったw

0622_10.jpg

0622_13_2.jpg

↑おなじみみなとみらい地区です。
いまとなっては古いな〜って思うけど、
10年くらいたったらレトロな趣がでてくるのかもしれませんね。

というわけで、横浜のんびり散歩でした^^


このあとシナモンの写真が撮れたら、ちょっと更新するかもしれません。
最近撮らせてくれないんですよ、よよよ…




↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | その他写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。