*里親になりませんか? 気になる子をクリックしてね*






linde_bnr1.jpg
マルゴバナー.png





2014年07月09日

引き続き、厳罰処分にご賛同のお願い。

↓のキャンペーンにご協力いただき、まことにありがとうございます。
引き続きリンクはっておきますね。

現在賛同者7000人超。
たくさんの人が動いていますし、
杉本彩さんとか。
長野県警がうやむやにしないと信じてます。

自ら猫を川で溺死させる動画を生配信した男性に厳罰処分を!

まとめもできてた↓
ニコニコ生放送で「猫を川に沈めていく」配信をした男性、事情聴取へ

犯人の個人情報も検索すれば出てきます。
おどろいたことに、2003年のアジア冬季競技会に出場していたスノーボーダーで、
白馬村で宿泊施設を経営している男性だそうです。
しかもニコ生主って。。。

●●●


長らくブログの管理をしておりませんで、
コメントの承認が遅れてしまいました。
コメントくださったのらりんさん、リブままさん、おかん様、
せっかくコメントをくださったのに、ごめんなさいですorz

コメント返しは後日、ちゃんと〜〜
posted by elilim at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SOS支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物虐待動画配信の男性に、厳罰処分を。

ぜひご協力お願いします。



自ら猫を川で溺死させる動画を生配信した男性に厳罰処分を!

動画配信サイトで動物虐待動画の配信が行われました。
リンク先にその動画がありますので、ご注意ください。
(私はとても見れませんでした。すみません。。)


動物愛護法では、飼い主の有無にかかわらず、猫は愛護動物とされており、
「みだりに殺す・傷つける」ことは罰則の対象となります。

犯人は既に長野県警に事情聴取を受けているとのことなので、
厳罰を課すというか、法律通りに求刑していただきたく。
つか、同じ目に遭えばいいのに。

一人でも多くの方にご賛同いただきたく、ご協力お願いします。

posted by elilim at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SOS支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

【重要】「京都市動物愛護センター(仮称)構想」に関するパブコメ募集。

締め切りが間近いのですが、
←の京都・通路猫のrambyさんのブログに掲載されていた、京都市のパブコメ募集、
これ意外と重要じゃね? と思いましたので紹介させてください。


「京都市動物愛護センター(仮称)構想」に関する意見募集について。

京都市が1万ヘクタールもの土地に「動物愛護センター」を設置することを計画しており、
センターの機能や役割をどのようなものにすべきか、パブリックコメントを求めています。

京都市・京都府に在住・在勤でなくても、全国からの意見を受け付けてくださるそうです。

非常に大きな施設になると思いますし、
これから作られる公共の動物愛護施設の方向性を指し示す意味でも、
しっかり意見を届けること、重要なのではないでしょうか。
なので、締め切りまで日がないのですが、どうぞみなさん、短くても良いので、
パブコメ送付をお願いいたします<(_ _)>

ただ、ざざっと一読した感じだと、
何をバブコメに求めているのかがわかりづらいです。

この設備の(企画の)一番のポイントは、広い土地をいかして、
「災害時に動物の収容を行うことができる」ことだそうですが、
企画書をみると、あれもやりたい・これもやりたいばかりが盛り込まれていて、
収集がつかなくっている感じ。

なので、この段階での意見は多分なんでもいいと思われます。

「動物病院を設置してほしい」「ドッグランを併設してほしい」とか具体的なことでもよいし、

また現在、西日本は、台風被害で動物たちも大変なことになっていますので、
災害時に、衰弱した動物を収容したり、治療したりを、
ボランティアと連携してがんがんやってくださいよ、という、
設備のことだけでなく、役割や組織作りについてのことでもいいと思います。

残念ながら、「殺処分を減らす」ような文言は見つかりませんでしたので、
それを指摘してもいいと思います。

わたしもこれからコメントを作成しますが、

・動物病院の設置。
・動物ボランティアとの共闘。
・殺処分0を目指しての動物保護と飼い主への啓蒙活動

を書いていこうと思います。
(あと、「親しみやすい外観」は大事ですが、やすっぽい幼稚園みたいなのはやめてほしいと、
 住民でもないのに書くつもりだったりしまs)

書いてみたら公開する・・・かもしれません。
とりあえず明後日の仕事の締め切りがおわってからww

どうぞみなさん、よろしくお願いします<(_ _)>




募集期間:平成23年8月15日(月)〜平成23年9月30日(金)・必着
応募方法:郵送・ファクス・e-mail

>e-mailの場合は、こちらへ 

↓意見募集要リーフレットPDF(必ずご覧ください)

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles/contents/0000105/105879/0805-2_doubutuaigo.pdf
posted by elilim at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | SOS支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

家族を愛し、足下のゴミを拾うこと。

【御礼】
おかげさまで、今日までに楽天:8916pt・アマゾン:5746pt、いただいてます。
いつもご協力ありがとうございます^^

↑のアフィリエイトリンクから飛んでお買い物した場合、

楽天は、何をいくら買ったのかは、わたしからは見えません。
売り上げと合計金額・報酬のみが表示されます。
もちろん、買った人の情報を知らされることはありません。

アマゾンは、買った人の情報はわかりませんが、商品名と個数が表示されます。
何を買ったのか知られるのがイヤ、気になるという方もいると思いますので、
このような仕様であることを明示しておきます^^

【お知らせ】
動物愛護法改正に伴うパブリックコメント応募締め切りは8/27(土)です。


●●●


動物愛護法改正のパブコメ、業者側からみたらどうなんだろう・・と思って、
検索してみました。

ペット産業・市場ニュース
ペット関連法制度まだまだ存在する諸問題を浚う!
<その1>改正動物愛護管理法 届け出から登録制への実効は?
<その2>改正動物愛護管理法でまだ積み残されている課題とは?
<その3>改正動物愛護管理法でまだ積み残されている課題とは?

表に出ているものなのでこんなもんですが、
それでもスタンスの違いというのは、わかってもらえるかな・・・
もう全然、飼い主側とは一致しないというか・・・うーん、なんていったらいいのか^^;

↓業界側のスタンスを表現したものにこんなものもあります。

ペットビジネスの一歩先を読む ペットビジネスサテライト

この中の「ペットビジネス開業塾」がほんとひどくて。。。
これは気分が悪くなるので読まない方がいいと思いますが、一応ご紹介ということで載せておきます。。

・・・・・

批判的に書いてしまいましたが、だから業者は取り締まらないと!
って言うことを言いたいのじゃないのでした。

業者側・行政側・飼い主側、それぞれに問題があり、それぞれに言い分や利害があること。

同じ立ち位置であっても、動物や動物愛護についての考え方の差違もありること。

そういう難しい問題の中で、
では飼い主側のわたしたちは、大筋でどうしたらいいのか、ということが、
ツイッターで流れてきたので、それをご紹介したくての前振りだったのでした。
長くてスミマセン。


1)もともとは、がまんして『犬と猫と人間と』http://t.co/lsl5RUx という映画を観たのがきっかけでした。映画の資金を出したおばあちゃんと、飯田監督と、登場する人々、出演の犬猫のおかげで、ぼくはすなおにこの問題を考えられるようになったのでした。→

2)ただ『犬と猫と人間と』という映画を観ただけでは、まだ「むつかしい問題だなぁ」という距離感でいました。そのへんの感じは、「ほぼ日」での座談会にもあらわれています。http://t.co/UZHsBcQ もうちょっと具体的な視点ができたのはそのあとです →

3)坂本美雨ちゃんや、彼女の友人たちが、実際に悲劇的な状況に追い込まれている猫や犬に手を差し伸べる姿は、「動物愛護」の「運動」というより、目の前の転んだ人に「大丈夫ですか」と話しかけるような感じに見えました。ぼくのなかでの野良猫に対する見方が、変化していきました。→

4)「そうしたほうがいいなぁ」と思えるやり方で、動物たちとつきあっていく先進国があるということ、動物と人間との関係においては日本がずいぶん昔の遅れた状態のままだということも知りました。また、ボランティアの活動は有効なのですが →

5)、行政が本気で取り組んだら、動物たちとの関係も、飛躍的によいものに変えていけるということもわかりました。地方自治体によっては、さまざまな「いまよりよい条例」やサービスが実行にうつされているようです。ヨーロッパなどの例でも、やはり国としての法整備がなされています。→

6)動物たちの環境改善をめぐって、署名やら嘆願やらにも効果はあると思うのですが、環境省のほうから意見を求めている状況というのは、変えるための助走であり、「そのための通路」があるということだと思えるのです。5年に一度、「民の声」「犬や猫の声」を求められて送れる時です。→

7)正直言って、ぼくは「運動」はあんまりやりたくないのです。ただ、犬や猫は、どんな状況にも抵抗できずに、だまって従うしかないので、人間のほうが代理で彼らにも生きやすいように、守ってやらねばなりません。「わたしは、こう思う」という意見を、求められている宛先に、送る。→

8)それが、ちょっとずつちがっていても自由だと思うのです。動物たちの無言をいいことにひどいことをやり放題、というのだけは勘弁してくれ、というだけのことだけでいいんじゃないかな。「動物だって家族だ」ということ、こんどの震災でほんとうによくわかりましたものね。→

9)環境省に提出する意見は、メールでも郵送でもいい。詳しいことは、ここにあります。少し面倒かもしれませんが読んでください。http://t.co/kklrDjY 意見のちがいもあるでしょうし、生活の利害が矛盾する人もいると思う。ただ、そのままにしていると、このまま‥‥。

10)いまのような状況で、じぶんや家族や仲間の生活を守りながら、すべての手助けをしていくなんてことは不可能です。ですから、まずは、犬や猫のペットを飼っている方、あるいは、犬や猫がとても好きな方、たぶん30分くらいの手間になりますが、手伝ってください。意見を提出することだけ。


まあ糸井重里さんなのですが><
↑乳母は糸井さんのファン。

保護活動のことを「目の前の転んだ人に「大丈夫ですか」と話しかけるような感じ」
と表現してくれていますが、パブコメも、
「この道で転ぶ人が多いみたい。ちょっとなんとかして」みたいな感じといいましょうか。

気負わずに、でも大人として言うべきことは言おうよ、
という風に捉えてもらえればいいなーと思います。

自分の知識と常識の範囲内でいいのです。どうぞ送ってみてくださいね!



※パブコメがまだまだ集まってない、少ない、と聞きましたので、書いてみました。
今回、難しかった・・・orz



↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 18:45| Comment(5) | TrackBack(0) | SOS支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

パブコメ追記。

【御礼】
おかげさまで、今日までに楽天:8690pt・アマゾン:5625pt、いただいてます。
いつもご協力ありがとうございます^^

↑のアフィリエイトリンクから飛んでお買い物した場合、

楽天は、何をいくら買ったのかは、わたしからは見えません。
売り上げと合計金額・報酬のみが表示されます。
もちろん、買った人の情報を知らされることはありません。

アマゾンは、買った人の情報はわかりませんが、商品名と個数が表示されます。
何を買ったのか知られるのがイヤ、気になるという方もいると思いますので、
このような仕様であることを明示しておきます^^


●●●


パブコメについて追記です。

当ブログの「動物愛護法改正? パブコメ? をまとめて見ました。」はリンクフリーです。
つたない記事ですが、転載ももちろんOKです。

パブリックコメントの例文のコピー&ペーストについて、
「業者側の組織票と同じ事になるから、コピペは推奨すべきではない」
というご指摘をいただいています。
確かに推奨するのは間違ってましたね!ごめんなさい!

でも、誰しもが自分の考えを文章にすることが得意というわけではないですので、
自分の言葉よりもよくまとまっている、と思う文章があればコピペ送付も問題ないと思います。
大切なのは送付した人が、「●●さんの文章を拝借しました。自分も同じ意見です」と
しっかり言えることなんじゃないかな。
コピペで送付する人は、内容をしっかり確認してくださいね♪
(送らないよりは、コピペでも送った方が絶対に良いです!!)


また、誤解しないでいただきたいのは、
ペットショップやブリーダーさんのすべてが悪徳業者ではないということです。
ただ、現状、法律による規制がゆるいため、不当な利益が得やすいペット業界には、
「お金儲け目的」のあやしい人々がたくさん群がっていると思われるんですよね。

動物が好きでペットショップで働いている、
ブリーディングを手がけているという人もきっと大勢いると思います。
しかしそれ以上に「金になるから」としか考えていない人々が食いついている。
そういう人たちにペットや動物関連業界から離れてほしい・・・というのが
私の一番の願いだったりします。
(そしてできればまっとうな職について暮らして欲しいと思うんですが、余計なお世話か^^;)

またそれだけではなく、動物やペットに対する考え・感覚の世代差っていうのも
法律の改正を妨げる大きな原因となっていると思いますし、
いろいろ難しいですよね・・・

ペットショップやブリーダーから犬猫を購入したという人を責めるつもりもないですよ。

どんな人にも、自分のかけがえのない、大事な犬猫と、
野良として処分される犬猫・虐待される犬猫との間に、
本質的な違いがまったくないことは、理解してもらえると思います。

良い飼い主に引き取られ、大切にされ可愛がられて生きるか、
売れ残って処分されるかの違いは、たまたまそうなったから、としか言えない。
犬猫達自身に原因があるわけじゃないですよね。

それなのに、この落差はなんなのかっていうことを、
本質的に考えられるのは、いま現在動物と暮らしていて、
自分の動物が大切で大切でたまらない人だと思う・・
そういうことに思い至れることが大事だと思うのです。

それにいまでこそネットが発達して、業者の実態を告発したり、
たくさんの被害猫たちが保護されて引き取られていることは知られていますが、
一寸前まではこんなじゃなかったですもん。

どの子も、生まれてきたからには大切に育てられ、
幸せに生きてほしいと思うことは、文明社会に生きる人間として、
とても自然なことのはず。

動物愛護法改正のパブリックコメントに愛護側の意見をしっかり出そうぜ!
っていう動きの根底には、そういう気持ちがあると思います。
その気持ちを大切にしてパブコメを送りましょうヨ! というのが私の意見です。


重ね重ねよろしくお願いします<(_ _)>


●●●


0813_01.jpg

寝る子は育つ?
(今日もパンツ丸出しで寝てたけど、カメラを構えた瞬間脚を閉じられました)
シナモン、お腹はポテポテだし、腕もふっとー! ですが、
頭が小さくて胴長なせいか、まだまだ細く見えますねー。
って、これこそ乳母の欲目!?
もうポテポテすぎ!?
かわいすぎて目がくもっちゃって、わからないよーヽ(;・ー・)ノ



↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by elilim at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | SOS支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。